越知 保見 明治大学大学院教授・弁護士

略歴

独禁法分野では、実務・裁判所に影響力のある論文を多数執筆し、実務においても、事件に携わることで、最近の独禁法判例の形成を先導している。
カルテル・入札談合分野では、平成24年2月20日の多摩談合事件最高裁判決、同事件に至る平成20年以降のカルテル・入札談合の判例は「カルテル・入札談合における審査の対象・要件事実・状況証拠」(競争政策研究センター2007年7月発表、判例時報1979号、1980号、1982号、1983号)の提言を裁判所が受け入れたものである。その状況については、「同PartⅡ」(判例時報2034号、2035号)、「同PartⅢ」Ⅱ」(判例時報2094号、2095号)「同PartⅣ」(判例時報2170号)参照。

私的独占分野では、JASRAC事件に関与し、JASRACの競争業者であるイーライセンスを代理して審決取消訴訟を提起し、第三者の原告適格を初めて認める判断とともに、審決自身を取り消す判断を得ている(最判平成27年4月28日、東京高判平成25年11月1日)

域外適用分野では、自動車部品カルテル案件に関与するとともに、実務と理論を架橋する論文を著し、ブラウン管カルテル事件審決・東京高判に影響を与えている(審決平成27年5月22日、東京高判平成28年1月29日、東京高判平成28年4月13日、東京高判平成28年4月22日)

現在は、公益通報に関係する案件に関与し、公益通報と弁護士倫理、独禁法の観点からの弁護士法・弁護士自治の限界に関する東京高裁判例・最高裁判例の形成を目指している。

経歴

1985年  早稲田大学法学部卒業
1985年  司法試験合格
1987年3月  司法修習終了(39期)
1987年4月  第一東京弁護士会登録
1992年5月  コーネル大学ロースクール卒業(LL.M.)
1992年-1993年  Morrison & Foerster法律事務所
1993年-1996年  Field・Fisher・Waterhouse法律事務所
1995年12月  ロンドン大学ロースクールvisiting lecturer(知的所有権法)
1997年-1998年 White & Case外国法事務弁護士事務所と特定共同事業(神田橋法律事務所)
1998年-2007年  西村あさひ法律事務所
2007年-2009年  外国法共同事業ジョーンズ・デイ法律事務所
2009年-2014年 早稲田大学法科大学院専任教授
2013年3月 法学博士
2014年-現在    明治大学法科大学院専任教授
・2009年―2011年 弁護士法人早稲田大学リーガルクリニック弁護士
・2012年-2016年  東京六本木法律事務所弁護士

委員など
2003年  公正取引委員会独禁法研究会独占・寡占規制見直し検討部会委員
2004年-2007年  競争政策研究センター客員研究員
2009年∸現在 CSR普及協会理事・運営委員
2011年∸現在 日弁連弁護士業務改革委員会委員
2015年-2016年 経団連21世紀プロジェクト「独占禁止法審査手続の適正化に向けた課題」会員

実務経験

1 独禁法・国際経済法分野の主要な事件

・JASRACについての排除措置命令が取り消された審決について、競争者イーライセンスを代理して審決取消訴訟を提起し、歴史的判決により勝訴(審決取消)(東京高判2013年11月1日、最判2015年4月28日)。

・複数の自動車部品国際カルテル案件に関与
・アプライド・マテリアルと東京エレクトロンの国際合併案件に関与

・多数の企業結合届出案件に関与

・企業結合手続の改正に関与

・独禁法における経済分析案件に関与
・韓国製短繊維(PSE)についてのアンチダンピング事件に関与
2 金融法、M&A実務、証券化実務、不動産法における先端実務に関し、幅広い実務経験を有する。代表的な案件として以下のものがある。
・東邦生命、あおば生命の破たん処理と事業譲渡
・日本リースの会社更生におけるGMACへの資産譲渡
・ホテルの証券化・MBO。
・携帯事業者となったイーモバイルに対するプロジェクトファイナンス
・インドネシアの電力事業についてのプロジェクトファイナンス
・イスラム金融を活用した資金調達・証券化
・JリートのM&A
3不動産開発では、証券化手法の活用、開発に関する環境・都市計画などの行政法上の問題に助言した経験が多数ある。
4国際訴訟分野では、マイアミにおけるセスナとヘリコプターの空中衝突事件(不法行為訴訟)で、空港管制官の過失をはじめて認めさせた判決に関与(マイアミの弁護士との共同作業)(国賠請求訴訟である)、その他、聖書の著作権訴訟、ウィルス・バスターの商標権などの訴訟にも関与。
5金商法・金販法関係の訴訟に関して、金商法違反の勧誘に関し、被害者を代理した実績が複数ある。